Model's Talk

モデルに興味がある人、モデルになりたい人のための、モデルの基礎知識

モデルになれる条件(性格編)

事務所には、毎年、たくさんの新人ちゃんが入ってきます。 でも、常に事務所の人数は保たれているところが多い。 入ってくる分だけ、抜けていくんですね。

事務所は、よっぽど非人間的な事をやらかさない限り クビにはしませんから、自分で辞めていくんです。 それは、東京進出だったり、事務所の移籍だったりもするけど 一番多いのは、もうモデルでいる事が続けられなくなる人たち。

精神的に強くないとモデルは続けられません。

それは、狩人と同じで、自分から捕まえに行かないと ずっと仕事はないし、勝たなければ食べていけないから。

モデルの仕事は、まずオーディションを受けて 合格して初めて仕事になるということを知ってますか?

これ、知らない人多いんです。

オーディションへの交通費は実費。
着ていく服も、靴代も、自分をアピールする作品撮りも 全部実費です。 ようは、オーディションに受からなければ お金は出て行くばっかりなのです。(おそろすぃ~(>_<))

また精神的にもかなりのダメージをうけます。
オーディションを受けても受けてもダメな時の気持ちは、もう地獄と言うほかナイっ! 何とか自分を勇気付けても、人間的に全部否定されたように思ってしまうもの。

また新人の頃は、マネージャーからのお小言が かなり心臓を一突きして、また返ってくるくらい(笑)効くもんです。 まず、悪いところ全部言われますからね~。

「また太ったんじゃない?」「肌ボロボロじゃないっ!」「何?そのダサい格好は!」 など、数え上げればキリがない(笑)

もちろん、そのコの為を思った愛のムチなんですよーっ! でも、普通の女の子って、ここまでヒドイ事言われ慣れてないからねぇ。。 『あたしってきっとダメなんだわ!モデルに向いてないんだ、、、』 と、誰もが通る道なんです。

でも、ここで弱い人は消えていきます。 ストレスから逆に過食に走って 激太りするコ、ホルモンのバランスを崩して 精神的にも異常をきたすコなど、何人も見てきました。

これは本当にあった話。 モデルの世界では、電話が鳴るということは

仕事のある証拠なんです。 逆に電話が鳴らないということは、 オーディションのお知らせもないし、仕事も決まらなかったということ。 決まった場合しか、わざわざ電話はかかってきません。

あるモデルのコは、かなり売れっ子の時代を過ぎて パタッと仕事が入らなくなった時、全然部屋から出てこなくなって 親が心配して駆けつけたところ、一人で電話機を抱えたまま ずーっと動かなかったそうです。

売れていた後の、スランプもかなりのプレッシャーだし、 そういう波は誰にもあることなので、 そこをどう上手く、楽しく乗り切っていけるかが重要。

つまり、モデルに向いている性格は、

  • ①明るく楽観的
  • ②仕事がない時期も楽しく幸せに過ごせる
  • ③自分の夢の為に努力できる
  • ④自分をキチンともっている
  • ⑤客観的に自分が見れる
  • ⑥協調性がある

こんなもんかなぁ?
①②は先に述べた状況を乗り切るため

③は隠れてしててもいいんです。
もしかしたら、こっちの人の方が多いかも? モデルは負けず嫌いの人が多いので(私もこのタイプだ~) 表向きは『何もしてないわよ~♪』 なんて言いながら、家でひたすらダンベル振ってたり りんごばっかり食べてたりします(笑) 反対に言えば努力と思ってないのかも?

④は他人と比べない事。
事務所に行くとホワイトボードにはその日、 仕事をしているモデルのスケジュールが並んでいます。 負けず嫌いで意地悪なモデルが、自分の最近した仕事の自慢をしてきます。 そういう時、自分は自分のペースがあるから平気と思えるか? 嫉妬ややっかみに負けず、自分の良さを信じられるかが大事です。

⑤これは大事です。
人間、人の悪い所や良い所は見えるのに 自分の事となると分からない人が多い。 それが自己満足のおしゃれや独りよがりのメイクになりかねない。 モデルには自分を売り込む『自己プロデュース能力』が必要です。 自分を客観的に見て、自分の良さを最大限に伸ばし売り込む。 これができる人は仕事がどんどん入ってきます。 自分自身が一番のマネージャーになること。

⑥モデルの仕事は個人経営ですが 作り上げていくものは全て誰かとの共同作品です。 それはスチールの場合、カメラマン・メイクさん・スタイリストさん とモデルの気持ちが一つになる時、一番良い物が出来ます。 モデルはその撮影で、どういう雰囲気の、どういうイメージの女性が 求められているのかを察し、それを体現しなければなりません。

ショーの場合もしかり。
デザイナー・演出家の表現したい女性像を いかに汲み取り、それをモデルを通して表現する事により いかに良いショーに出来るか。それがモデルにかかっています。

モデルが自分の目立つ事や、自分が一番良く見える表情やポーズに こだわっているようでは、絶対いいものはできないのです。

あとは、それらの作品には楽屋の空気が反映されることが多いのです。 カメラマン・ヘアメイクなどの芸術肌の人は個性がキツイので 意見の相違で、険悪な雰囲気になる事もままあります。

(もちろん、みんな良い物にしたくてぶつかるんですけどネ)

そんな時でも、なんとか空気をやわらかくして、明るい雰囲気に 出来るモデルはすばらしい! 一緒に仕事したメンバーは、もう一度彼女と仕事をしたいと思うでしょうね~。

まっ、これはモデルの世界だけでなく、どの職業にしてもいえる 人間性の問題ですけどね~。

[ ← MENU ] [ → NEXT ]

sen-se代表:月乃
センス代表:豊川 月乃
あなたのキレイをプロデュースします。一緒にあなたの夢をかなえましょう!!